抜け毛とフケ症の関係

抜け毛は年をとるごとに増えてしまって男女ともにつらい悩みの一つです。しかし、最近ではその抜け毛が大変な社会現象になりつつあります。食生活を中心に欧米化しているので肉中心になってしまい、髪の毛を丈夫に育てる栄養素が足りなくなっています。若いから大丈夫と言って乱雑にあつかってしまうと将来の抜け毛が早く来てしまうかもしれません。抜け毛は大丈夫でもフケ症に悩む方も多いと思います。フケ症は少し不衛生なイメージがありますが、頭皮を清潔に保つための新陳代謝の一つなので誰にでもあることです。

しかし、そのターンオーバーのバランスが崩れてしまって、早くなってしまったりあまりにも目立つようになったり、数がふえてくると、それは抜け毛と同様に頭皮のトラブルの一つでほうっておくと重大な抜け毛の原因になってしまいます。フケ症は頭皮のトラブルなので当然ほうっておくと毛穴をつまらせてしまって、髪の毛を十分に成長させることができなくなってしまうという大変な関係があります。おもな原因としては、強い紫外線を当たり続けてしまったことで頭皮細胞のターンオーバーが早くなる。脂っこい料理、肉中心の食生活になってしまう。シャンプーが合わない、あまりしていないなど、これらを原因としてフケが出やすくなります。多く出るようになるとやはり毛穴をつまらせてしまうので新しく生えてくることも阻止されてしまいます。

食生活や外的な影響であった場合にはイメージしやすいのですが、そのほかに大きなストレスというものもあります。血行不良になってしまい、頭皮の環境が悪化してフケも抜け毛も増えてしまうということです。お互いに密接な関係であるので、まずは食生活をみなおしてしっかり睡眠をとって健康体でいることが大切です。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ